日給制と月給制の違い

日給と月給の違いとは

仕事をする際、月々決まった給料をもらう月給制と、一日単位で計算し、働いた日分のお金をもらう日給制があります。日給は、出勤した日数により計算される給料なので、働けば働いた分だけ給料をもらう事が出来ます。月給は働いた日数に関係なく、その月の給料がいくらと契約しているものになります。どちらが良いかはそれぞれメリットとデメリットがあるので一概には言えません。ではそれぞれメリットとデメリットをあげてみましょう。まず日給のメリットとしては、出勤した分だけ給料をもらう事が出来ると言う事です。その為、多く働いた月はその分給料が良くなります。その為、逆を言えば出勤した日数が少なければその分給料は少なくなってしまうというのがデメリットになります。

では月給のメリットとデメリットはどうでしょうか。月給のメリットとしては、働いた日数に関係なく決まった給料をその月にもらう事が出来ます。その為、例えばその月、祝日などの休日が多い月だとしても、一定の決まった給料はもらえることになります。ではデメリットはどうでしょうか。デメリットとしては日数に関係なく月で給料が決まっているので、その月祝日などがなく、休みが少なくても一定の給料になってしまうということです。

求人などを今から調べるならココ

Copyright (C)2017日給制と月給制の違い.All rights reserved.